Top / リュウゼツランルート
HTML convert time: 0.019 sec.

リュウゼツランルート

Last-modified: 2014-03-09 (日) 19:00:13

リュウゼツランルートで出てくる元ネタ


暴れん坊将軍

6/23(火) 夜、親不孝通り
英雄「成敗!」
→『暴れん坊将軍』における、定番の殺陣。吉宗が発する「成敗!」の声を合図に、御庭番がとどめをさす。


名探偵コナン

6/26(金) 売人に絡まれている千花を英雄・あずみが助けて
あずみ「解析しますね…ペロ…これはユートピア」
→コナンが床の粉を舐めて「ぺロ」→「!?」→「こ、これは…」→「麻薬!!!」という場面。
このシーンを少し変えた「こ、これは…青酸カリ!!!」が元ネタとなっている。

昔の刑事ドラマでも麻薬を舐めるシーンがある。
アニメ版のるろうに剣心でもメインキャラの1人が地面の粉を舐めて阿片と判断するシーンがあった(原作にはない)。
実際舐めて大丈夫かどうかは知らないが、やらないほうが賢明。


必殺必中仕事屋稼業

6/26(金) 夜、島津寮
クリス「第6シリーズ大和丸大活劇…これもいい
    最終回の終わり方が凄すぎる」
大和「主題歌“さすらえる唄”の歌詞がマッチするよな」
クリス「ラストシーン、この大和丸を覆う陽炎はまるで
    彼の命の力そのものを現してるではないか」
→『必殺必中仕事屋稼業』第26話(最終回)「どたんば勝負」から。大和とクリスが褒めたような名場面で物語を終える。


必殺仕業人

6/26(金) 夜、島津寮
クリス「大和丸夢日記4は、ダークな作風だよな」
大和「世相を反映して一番暗いよ。でも俺は好きだ」
クリス「ドブ川で女房共々切り刻まれた仲間が悲惨だ…」
→当時の世相を反映してか、暗い話が多い『必殺仕業人』から。第28話(最終回)「あんたこの結果をどう思う」では、仲間の赤井剣之介とお歌夫婦が掘割で切り刻まれる。大和とクリスが挙げたオススメの話も、同作で評判の良い回にちなんでいる。


翔べ! 必殺うらごろし

6/26(金) 夜、島津寮
クリス「よし次に第11作 大和丸の南蛮大戦を観よう」
大和「中だるみによって進むべき道を見失ってる感が
   良く出ている、アレか。迷作だ」
クリス「オカルト的な要素が強いのが斬新だ」
大和「ネットなどでは、よくネタとして愛されてるね」
→インターネットでも評判の『翔べ! 必殺うらごろし』から。<必殺>シリーズが新しい作風を模索した時期の、オカルト時代劇として有名。


つよきす

7月24日
翔一「素直じゃねぇなぁ」
忠勝「トサカに来るモノいいだな。そのセリフNGだろ」
→つよきすの近衛素奈緒の名前ネタのやりとりから。
洋平「いやいや素直じゃないなぁ、と思って」
素奈緒「その名前ネタ禁止っ! トサカに来るわ!」


ピンポン

7月29日
釈迦堂「さーて…今日もカッチョイイ武術を授けるぜ」
→ピンポン最終巻、スマイルの台詞から。
「今日は、君らにかっちょいい魔球を授けるぜ」


ドラゴンボール

8/8(土)
ディフェンス中の百代
百代「か・わ・か・み・」
百代「波ーー!!!!!!」
→ドラゴンボールのかめはめ波から


機動戦士Zガンダム

8/8(土) 秘密基地前
マロード兵T「え……光が広がって」
マロード兵V「なんだ、なんか綺麗だな……」
→『機動戦士Zガンダム』最終局面、シロッコを倒したカミーユの言葉から。マロード兵の番号がTとVなのは、劇場版「新訳」ではなくてテレビ版、ということ?


仮面ライダー電王

8/8(土) 金柳街自警団、参上
店長「ダイナミック本屋チョップ!!
   (本を持ってチョップ)」
→『仮面ライダー電王』キンタロスの必殺技「ダイナミックチョップ」から。中の人ネタ。


銀狼怪奇ファイル

8/8(土) 天使VS一子
天使「食らえ天使のような悪魔の蹴り!」
→ドラマ「銀狼怪奇ファイル」テーマ曲ミッドナイト シャッフル/近藤真彦の歌詞から。
「天使のような悪魔の笑顔 この街にあふれているよ」


仮面ライダーディケイド

8/8(土) マガツの攻撃に割り込む由紀江
クッキー3「通りすがりの正義の味方だ、覚えとけ」
→門矢士の台詞「通りすがりの仮面ライダーだ、覚えておけ」から。


アマガミ


「さぁて帰ってアマカミでもやるか」
ちなみに、その発言のあと出てくるクリスと百代の中の人は、
アマガミの森島はるかと塚原響の声の人でもある。
ついでに言えば、準の中の人もドラマCDで出演している。


横浜ベイスターズ

伊予
「飛行機能……このロボが七浜ベイスターズに
入ってくれれば那須原や加斗里や達宮が
ホームランを打たれても掴んでくれる…!!」
那須原→那須野巧
加斗里→亜斗里
達宮→高宮和也(水差し野郎)
この3人を含むベイスターズ投手陣はよく(打球が)飛ぶので飛ぶピッチャーと呼ばれている。