Top / 終了時イベント(A3)
HTML convert time: 0.028 sec.

終了時イベント(A3)

Last-modified: 2014-04-23 (水) 04:34:53

終了時イベント(A3)
毎度お馴染みのアニメタイトルもじりは終了時イベントのタイトル名に、2014年春アニメからがほとんど。


赤いアックス(その2)

「サムライフラメンコ」より中の人ネタ。

41(要丈治)


英雄さんと紋白さん(その3)

イベントタイトル名

→「犬神さんと猫神さん」


アマガム(その5)

「アマガミ」より中の人ネタ。

紋白(上崎裡沙、田中恵子)、義経(棚町 薫)
なお、弁慶は棚町薫と外見が似ている。


マルギッテロマンツェ(その6)

「ワルキューレロマンツェ」より中の人ネタ。

マルギッテ(スィーリア・クマーニ・エイントリー)、心(柊木 綾子)、ステイシー(龍造寺 茜)


ご注文はおとこですか?(その7)

イベントタイトル名

→「ご注文はうさぎですか?」より


ヒロインバンク(その8)

イベントタイトル名

→「ヒーローバンク」より

亜巳の中の人は「恋色空模様」にて諭吉というあだ名のキャラ(橋本 優喜)を演じている


カワカミギンガ(その10)

「ウルトラマンギンガ」の中の人ネタ。

ルー(ウルトラマンタロウ)、準(ウルトラマンギンガ)


恐怖!ギロチンゴリラ(その11)

「サムライフラメンコ」より

第7話で突如登場したギロチンゴリラ。まさにチェンジザワールド!


僕らはみんな川神学園(その12)

イベントタイトル名

→「僕らはみんな河合荘」より

「機動戦士Zガンダム」より中の人ネタ。
スグル(カミーユ)梅子(レコア)
この掛け合い無印でも…


板垣の悪戯(その13)

イベントタイトル名

→「神々の悪戯」より


着るか斬られるか(その14)

「キルラキル」より中の人ネタ。

竜平(蟇郡苛)、小十郎(猿投山渦)


迫真の2-S(その15)

準「ぬゎぁぁん、ゲーム疲れたなーもう」
準「はいはい。いいぞーこれ」

→淫夢ネタ。それぞれ「誘惑のラビリンス」第3章「空手部・性の裏技」での野獣先輩の台詞「ぬゎぁぁん疲れたもぉぉぉん」とMUR大先輩の台詞「いいゾ~これ」。中の人もラジオ等で好んで使ってるのは内緒。


ノーゲーム・ノーサンキュー(その16)

イベントタイトル名

→「ノーゲーム・ノーライフ」より


風雲!イタガキケ(その17)

「シスタープリンセス」より

→それぞれ妹の独特の兄の呼び方。


俺がフラグをおられたら(その18)

イベントタイトル名

→「彼女がフラグをおられたら」より」


麗子のリドル(その19)

イベントタイトル名

→「悪魔のリドル」より


クリふらぐ!(その20)

「ディーふらぐ!」より中の人ネタ。

翔一(風間堅次)クリス(高尾)
胸で服がはじけてるのは高尾の方ですクリスさん…。


あずみさんと英雄さんと(その21)

イベントタイトル名

→「マンガ家さんとアシスタントさんと」より


シークレットサービス(その22)

「妖狐×僕SS」より中の人ネタ。
英雄「さぁ、貴方の犬に、なんなりとご命令を…」

英雄(御狐神双熾)


みかど★マジか(その23)

「劇場版魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語」より
劇中、印象的なあるシーンのパロディ


ゲンジエナジー(その24)

「仮面ライダー鎧武」より
義経「義経も花道オンステージしてみたいな」

→オレンジアームズへの変身時の音声「花道オンステージ」


マヨイガ(その25)

「咲-Saki-全国編」より中の人ネタ。
燕「んー。ずいぶん深いところにいたね…ツモ!」

燕(小瀬川 白望)


サザンクロス(その26)

「君が主で執事が俺で」より
ティンカオ「生き別れた姉が、セーンムアンって言うんですけど…」

→南斗星のこと。姉妹なら声が似てても仕方ないね。タイトル名のサザンクロスは南十字星のこと。


シェイライバー(その27)

イベント名、「皆、にっこにこしてますかー?」
→「ラブライブ」より矢沢にこ
「ミネ★ミラのカバーですけど聞いて下さい」
→「サムライフラメンコ」よりMineral☆Miracle☆Muse

ミネ★ミラの声に寄せていて芸達者である。


姫無双SP小六の章(その28)

イベントタイトル名

→「戦国無双SP ~真田の章~」より

「戦国†恋姫~乙女絢爛戦国絵巻~」より中の人ネタ。

京(ルイス・エーリカ・フロイス)燕(蜂須賀転子正勝)マルギッテ(柴田壬月勝家)


それでも我は美しい(その29)

イベントタイトル名

→「それでも世界は美しい」より


ナンダカハラペコ(その30)

イベントタイトル名

→「ナンダカベロニカ」より